九州電力の料金高くない?切り替え後のメリット比較してみた

九州電力の料金高くない?切り替え後のメリット比較してみた

新電力の口コミ・評判, 大手電力会社

九州電力と聞くと、放射性物質や蒸気漏れなどの”原発問題”しかイメージが沸きませんが、契約者からの評判ははたしてどうなのか?それと、新電力に切り替えることでどの程度安くなるのか?

九電に不満のある方、少しでも安い電気に変えたい方に役立つ情報をかき集めておきました。

先に喜ばしい情報を伝えておきますが、九電管内で切り替え可能な新電力で”10%ほど安くなる”ところが複数ありました。「10%ぐらい気にしない」という方以外は、読むだけでメリットある情報となっているので是非、最後までお付き合いください!

九電エリアじゃない方は下記ページよりお住まいのエリアにお進みください。

≫各エリアごとの大手電力会社

5月限定!最大30,000円のキャッシュバック!

下記窓口から電気の切り替えを申し込むと、5月限定で最大30,000円のキャッシュバックがもらえます!

電力会社の乗り換えでキャッシュバックがもらえることはめったにありません。

この窓口は、これまで調べてきた中で一番キャッシュバック額が良いです!

普通に乗り換えるよりも確実にお得なので、このチャンスを逃さないようにしましょう!

※電気使用量が増える夏前までに切り替えを終わらせましょう!

電気の乗り換えは申し込みから1~2か月かかります。

下記窓口は人気なので、切り替えが込み合う可能性があります。

検討中の方は5月中お早めの申し込みをおすすめします。


上記窓口から『エリアチェック』に入力することで申し込みできます

九州電力(九電)とは?

九州電力は、全国に10ある大手電力会社の一つで、九州エリアで電力供給を行っている企業です。原子力・火力が主な電源となっており、196ヶ所もの供給設備を保有しています。

電力自由化が施行されるまではほぼ国営みたいな企業だったものの、約1万3千人の方が働く九州に欠かせない企業です。

会社名 九州電力株式会社
設立 昭和26年5月1日
所在地 福岡県福岡市中央区渡辺通二丁目1番82号
代表者 貫 正義
資本金 2,373億円
総資産 41,415億円
従業員数 13,053名

九電の電力供給エリア

九電の電力供給エリア出典:九電公式HP

九州電力は関西電力のように管轄外のエリアに進出はしていません。最も激戦区である関東地方向けに「九電みらいエナジー」という子会社がありますが、九電自体は以下のエリアのみとなります。

エリア
  • 福岡県
  • 佐賀県
  • 長崎県
  • 大分県
  • 熊本県
  • 宮崎県
  • 鹿児島県

 

原子力発電所が多いエリア

原子力発電所が多いエリア

九州電力エリア内には2か所も原子力発電所があり、全国的に見ても多い地域です。上記画像の左が「玄海原子力発電所」、右が「川内原子力発電所」となります。

玄海原発に関しては、全国に17ある発電所の内、出力ランキングで6番目に位置する大規模な原発です。3か所ずつ稼働させている「東電・関電」に比べれば少ないように感じますが、福島の原発事故以降、何かと叩かれる材料となっています。

九州電力の電気料金プラン

九電の料金プランを紹介しますが、新電力の料金と比較した方が分かりやすいので合わせて紹介します。

九電の「従量電灯B」× Looopでんき

九州電力 Looopでんき
基本料金 30A 874.8円 0円
40A 1166.4円 0円
50A 1458.0円 0円
60A 1749.6円 0円
従量料金 ~120kWh 17.19円 23円
120kWh~ 22.69円 23円
300kWh~ 25.63円 23円

複数世帯であれば切り替え必須?

九電の代表的なプラン「従量電灯B」とLooopでんきを比較しましたが、基本料金は0円のLooopが圧倒的にお得です。従量料金は、1人暮らしの方だと九電に分があり、それ以上の家庭ではLooopの方が安くなりそうです。

以上の結果から…

POINT

  • 単身世帯は九電でも損しない
  • 複数世帯は新電力を検討した方が良い

新電力の切り替えを検討する場合、上記に紹介したLooopでんき以外にも「ハローG電力・熊本電力」などあるので、自分に合ったところを選ぶようにしましょう。

九州電力のメリットは「新料金プラン」

電力自由化が始まったことで「顧客離れ」が深刻化してきました。しかし、九州電力も何とか解約させないために様々なプランを発表しています。

スマートファミリープラン(2年契約)

スマートファミリープラン(2年契約)

九電をそのまま利用するメリットのひとつは、新料金プランである「スマートファミリープラン」です。

多くの方が契約していた「従量電灯B」に比べ、沢山電気を使った時の従量単価が安く設定してあり、複数世帯であればこれまでよりお得な電気代となります。また、時間別に変動する料金ではないため、生活スタイルを気にする必要もありません。

注意点は「2年契約」なので、途中解約だと割引された分を精算しなくてはいけません。引越しなどで短期解約する可能性がある場合は要検討ですね。

電化でナイト・セレクト

九州電力 電化でナイト・セレクト

電化でナイト・セレクト」は、夜間や休日に電気使用量が多い方に向いている料金プランです。詳しくは『公式HPの料金表』に記載されていますが、夜間の従量料金が激安となっているのが分かると思います。

SNSなどを見ていても「電化でナイト・セレクト」に申込みする人は多そうで、九電の新料金プランの中でも人気があるようです。但し、こちらも注意は必要です。

外部サイトになりますが、このプランに対して批判的なことを書いています。ただ、説得力のある内容となっており、検討している方が見てしまうとちょっと申込みする気が失せてしまうかもしれません。

流されやすい人は閲覧しない方がいいかも…。

九州電力のデメリット

新料金プランで電気代をコストカットできるメリットがある反面、見逃してはいけないデメリットもいくつかあります。

単身者には優しくない電気料金

ご自身でシュミレーションしてみれば気付くと思いますが、九州電力の料金プランは3人以上の世帯からメリットが出るような設計になっています。逆に言うと、単身世帯など電気をあまり使わない世帯にはデメリットとなる訳です。

単身向けの新電力は沢山あるので、更に安い電気代を望むなら九電にバイバイする選択肢しかないと思います。

プラン変更で高くなってしまうことも

メリットで紹介した新料金プラン。しかし、安くなると思って変更しても、生活スタイルに適さないと変更前より高くなってしまう可能性があります。

特に注意してほしいプランは「電化でナイト・セレクト」です。

実際に利用していないので確かなことは言えませんが、上記のように言っている人がいるのはお忘れないように。

九州電力の口コミ・評判

九電関係者の方々には大変申し訳ないですが、SNSなどで評判を調べると”良いこと”は本当に見当たりませんでした。決して悪評だけ紹介するつもりじゃなかったのですが…

玄海原発の事故で信頼失墜

玄海原発の事故は、関東に住んでいる私の耳にも届いたニュースです。事故については原因を特定して被害が出ないようにするしかないが、その後の対応がまずかったようですね。

福島の原発事故でビットが立っていることなのに”危険を察していながら再稼働させていた”とも受け取れる発言はNGです。玄海原発周辺の住民、九電エリアの方が起こるのは仕方ない気がします。

原発再稼働でも値下げはなし?

再稼働したらさすがに電気は値下げだろ

おそらく、九電契約者のほとんどが思っていることでしょうが、上記のニュースで伝えている値下げ慎重姿勢が継続すると、解約者は今まで以上に増加するかもしれませんね。

今後の動向に注目しておきましょう。

まとめ

新料金プランなど頑張っている姿勢は見せつつ、一番触れてほしくないであろう「原発問題」は闇が深そうな印象を受けました。まぁ、東電も同じような批判をずっとされていますが、消費者第一で考える人たちではないのでしょうね。

1万人以上の従業員を抱えている九電が利益重視になるのは当然かもしれません。ただ、福島みたいな事故が起こってしまったら、再起不能になりそうな気がします。

最後に、電力自由化で安い電気を買えるようになったのは事実です。少しでも家計を楽にしたい方は面倒でも新電力への切り替えを検討しましょう。

5月限定!最大30,000円のキャッシュバック!

下記窓口から電気の切り替えを申し込むと、5月限定で最大30,000円のキャッシュバックがもらえます!

電力会社の乗り換えでキャッシュバックがもらえることはめったにありません。

この窓口は、これまで調べてきた中で一番キャッシュバック額が良いです!

普通に乗り換えるよりも確実にお得なので、このチャンスを逃さないようにしましょう!

※電気使用量が増える夏前までに切り替えを終わらせましょう!

電気の乗り換えは申し込みから1~2か月かかります。

下記窓口は人気なので、切り替えが込み合う可能性があります。

検討中の方は5月中お早めの申し込みをおすすめします。


上記窓口から『エリアチェック』に入力することで申し込みできます