おすすめ新電力会社ランキングTOP5|評判や料金を徹底比較【2019年10月】

家庭向けで最も安くおすすめしたい新電力ランキング TOP5

一般家庭向け, おすすめの電力会社, 電気代の節約

電力会社を乗り換えようと思っているあなた!

「どこの電力会社が良いかよくわからないから、とりあえずネットのランキング記事で上位のところにしておけばいいか…」

なんて思っていたら大間違いですよ!

というのも、あなたが何人家族でどんな生活スタイルか、つまりどれくらい電気を使うのかによっておすすめな電力会社は変わるからです。

電力会社によって、月5,000円くらいの人がお得になるところもあれば、月10,000円を超えないとお得にならないところもあります。

よくあるランキング記事では、ここ(=どんな使用量の方におすすめか)をふわっとさせたまま順位付けをしていることが多いのです。

そこでこの記事では、毎月の電気代から選ぶおすすめな電力会社を紹介します。

毎月のだいたいの電気代から選ぶことで、あなたの電気使用量にぴったりなおすすめの電力会社を見つけることができるはずです。

ぜひ、自分の生活スタイルに合った電力会社を見つけてくださいね!

電気代から選ぶおすすめ新電力会社5選

それでは、毎月の電気代ごとにおすすめな電力会社を紹介します。

「電気代が高かった月と、そうでない月の電気代がどの範囲にあてはまるか」で選んで下さい。

 電気代/月おすすめ電力会社
~5,000円
(かなり少なめ)
HTBエナジー
7,000円~14,000円
(少なめ・ふつう)
Looopでんき
ENEOSでんき
12,000円~20,000円
(多め)
ミツウロコでんき
20,000円~
(かなり多め)
ピタでん

例えば、1月の電気代が14,000円で、5月の電気代が8,500円、という人は2つめが該当しますね。

どれくらい安くなるかのシミュレーションもしているので、ぜひ参考にしてくださいね!

月5,000円以下の人(かなり少なめ)

●当てはまる人
⇒一人暮らしの人
⇒節約している二人暮らし・同棲
⇒昼間はほとんど家にいない人

HTBエナジー

HTBエナジー
おすすめ理由 ・今までの電気代から最大10%OFF(地域によって異なる)
・電気の使用量に関わらず一律で安くなる
・電気の使用量が少なくても必ず安くなる
メリット ・電気の使用量に関わらず一律で安くなる
・電気を使わない人ほど相対的にお得になる
デメリット ・電気を多く使う場合は他の電力会社のほうが安くなる
・窓口が平日しか空いておらず、繋がりにくい
・1年未満の解約で解約金2,160円がかかる
エリア
  • 北海道電力
  • 東北電力
  • 東京電力
  • 中部電力
  • 関西電力
  • 中国電力
  • 九州電力
料金シミュレーション

●月に100kwh使用した場合

エリア従来の電力
会社
HTBエナジー
北海道エリア3,693円3,508円
(185円節約)
東北エリア3,120円2,964円
(156円節約)
関東エリア3,075円2,767円
(307円節約)
中部エリア3,191円3,031円
(160円節約)
北陸エリア2,702円2,566円
(136円節約)
関西エリア2,030円2,006円
(24円節約)
中国エリア2,065円1,961円
(104円節約)
四国エリア2,183円2,073円
(110円節約)
九州エリア2,880円2,736円
(144円節約)
HTBエナジーの電気料金

●HTBエナジーの電気料金(関東エリア)

東京電力より一律10%OFF
(30A契約の場合は5%OFF)

東京電力 HTBエナジー
基本料金 30A 842.40円 800.28円
40A 1123.20円 1010.88円
50A 1404.00円 1263.60円
60A 1684.80円 1516.32円
従量料金 ~120kWh 19.52円 17.57円
120kWh~300kwh 26.00円 23.40円
300kWh~ 30.02円 27.02円

●上記以外のエリア
北海道エリア:北海道電力より一律5%OFF
東北エリア:東北電力より一律5%OFF
中部エリア:中部電力より一律5%OFF
北陸エリア:北陸電力より一律5%OFF
関西エリア:関西電力より最大6%OFF
中国エリア:中国電力より一律5%OFF
四国エリア:四国電力より一律5%OFF
九州エリア:九州電力より一律5%OFF

口コミを確認する

●HTBエナジーの口コミ・評判



電気代が5,000円未満の方が乗り換えるなら、間違いなくHTBエナジーの一択です。

というのも、ほぼ全ての電力会社が電気をたくさん使わないとほとんど安くならないのに対して、HTBエナジーは電気の使用量に関係なく一律で10%OFFになるから。

つまり、電気の使用量が少ない方でも確実にお得になるということ。

例えば、新電力でシェアNo.1の東京ガスには使用量の少ない方向けのプランがありますが、それでも東京電力より数十円~100円程度しか安くなりません。

一方のHTBエナジーは、例えば月の電気代が3,500円くらいなら東京電力より350円も安くなります。

こんなに使用量が少ないのにここまで安くなるのは、HTBエナジー以外にありません。

関東以外のエリアでも関西を除くすべてのエリアで一律5%OFFになるので、どのエリアの方でもかなりお得に利用できますよ。
(関西エリアでは最大6%OFF)

電気をあまり使わないから電力会社を切り替えても意味がない…と思っている方にこそHTBエナジーはおすすめです。

月7,000円~14,000円の人(少なめ・ふつう)

●当てはまる人
⇒3~4人家族/一般的な家庭
⇒夏や冬にエアコンなどをよく使う人
⇒夏・冬以外あまり電気を使わない人
⇒昼間家にいる時間が長い人

Looopでんき

Looopでんきの利用者が暴露!真実の評判・口コミまとめ【2018年最新版】
おすすめ理由 ・基本料金が0円
・契約期間の縛りや解約金なし
・使った分だけ払うシンプルなプラン
・数ある電力会社の中で最安水準
・利用者の口コミが良い
・窓口の対応が親切丁寧
・1時間ごとに電気使用量を確認できる
メリット ・基本料金がまるまる節約になる
・電気を使わなければ電気代0円で済む
・いつでも無料で解約できる
デメリット ・特典やセット割がない
・30A契約以下の人はあまり安くならない
エリア
  • 北海道電力
  • 東北電力
  • 東京電力
  • 北陸電力
  • 中部電力
  • 関西電力
  • 中国電力
  • 四国電力
  • 九州電力
その他 Looopでんきの利用者が暴露!真実の評判・口コミまとめ【2019年最新版】
料金シミュレーション

●月に350kwh使用した場合

エリア従来の電力
会社
Looopでんき
北海道エリア11,055円10,150円
(905円節約)
東北エリア9,398円9,100円
(298円節約)
関東エリア9,643円9,100円
(543円節約)
中部エリア9,517円9,100円
(417円節約)
北陸エリア8,043円7,350円
(693円節約)
関西エリア8,426円7,700円
(726円節約)
中国エリア8,778円8,400円
(378円節約)
四国エリア8,851円8,400円
(451円節約)
九州エリア8,577円8,050円
(527円節約)

●月に500kwh使用した場合

エリア従来の電力
会社
Looopでんき
北海道エリア16,395円14,500円
(1895円節約)
東北エリア14,035円13,000円
(1035円節約)
関東エリア14,426円13,000円
(1426円節約)
中部エリア13,394円13,000円
(394円節約)
北陸エリア11,733円10,500円
(1233円節約)
関西エリア12,740円11,000円
(1740円節約)
中国エリア13,134円12,000円
(1134円節約)
四国エリア13,343円12,000円
(1343円節約)
九州エリア12,706円11,500円
(1206円節約)

Looopでんきの電気料金

●Looopでんきの電気料金(関東エリア)

東京電力 Looopでんき
基本料金 30A 842.4円 0円
40A 1123.2円
50A 1404.0円
60A 1684.8円
従量料金 ~120kWh 19.52円 26円
120kWh~300kwh 26.00円
300kWh~ 30.02円

●上記以外のエリア

北海道エリア:基本料金0円+従量料金29円
東北エリア:基本料金0円+従量料金26円
中部エリア:基本料金0円+従量料金26円
北陸エリア:基本料金0円+従量料金21円
関西エリア:最低料金0円+従量料金22円
中国エリア:最低料金0円+従量料金24円
四国エリア:最低料金0円+従量料金24円
九州エリア:基本料金0円+従量料金23円

口コミを確認する

●Looopでんきの口コミ・評判

口コミをもっと確認する

電気代が7,000円~14,000円の人におすすめしたいのがLooopでんき

Looopでんきの特徴はなんと言っても「基本料金0円」のシンプルプラン。

基本料金がかからないということは、それだけで毎月1,000円程度が節約になるということ。

一般的にたくさん使うほど高くなる電気代の単価(従量料金)が一律なので、使えば使うほどお得になっていきます。

使った分だけ電気代を支払えばいいという究極のシンプルプランが人気を博し、2019年現在最も勢いがある電力会社です。

また、多くの電力会社が電気をあまり使わないとお得にならないのに対して、Looopでんきは使用量が少なくても基本料金がかからない分安くなります。

電気をあまり使わないと月5,000~6,000円程度の電気代になるような方であっても、確実にお得になるのがおすすめポイントです。

契約期間の縛りもないですし、いつ解約しても違約金はかからないので、検討されている方はお試し感覚で申し込むのも全然ありです。

実際に私も軽い気持ちでLooopでんきに切り替えて1年が経ちましたが、毎月1,000円近く安くなりとても満足しています。

万が一1ヶ月試してみて思ったほど安くならなければ、元の電力会社に戻せばいい話ですしね。(無料で戻せます)

ENEOSでんき

おすすめ理由 ・ポイント特典やガソリン代割引がある
・たくさん使うほど安くなる
・利用者の口コミが良い
・契約期間の縛りや解約金なし
・大手企業ならではの安定基盤
メリット ・TポイントやANAマイルを貯められる
・ガソリン代の割引がある
・いつでも無料で解約できる
・2年契約でさらにお得になる
デメリット ・関東と関西以外は利用できない
・2年契約のプランは1,080円の解約金が発生
・サポートセンターの対応がまちまち
エリア
  • 東京電力
  • 関西電力
その他 ENEOSでんきの評判がヤバい!利用者が語る料金やセット割とは
料金シミュレーション

●月に350kwh使用した場合

エリア従来の電力
会社
ENEOSでんき
関東エリア9,643円9,089円
(554円節約)
関西エリア8,426円7,929円
(497円節約)

●月に500kwh使用した場合

エリア従来の電力
会社
ENEOSでんき
関東エリア14,426円13,232円
(1194円節約)
関西エリア12,740円11,876円
(864円節約)
ENEOSでんきの電気料金

●ENEOSでんきの電気料金(関東エリア)

東京電力 ENEOSでんき
基本料金 30A 842.40円 842.40円
40A 1123.20円 1123.20円
50A 1404.00円 1404.00円
60A 1684.80円 1684.80円
従量料金 ~120kWh 19.52円 19.52円
120kWh~300kwh 26.00円 24.09円
300kWh~ 30.02円 25.75円

●ENEOSでんきの電気料金(関西エリア)

関西電力 ENEOSでんき
最低料金 1契約 334.82円 279.82円
従量料金 15kwh~120kWh 19.95円 19.94円
120kWh~300kwh 25.33円 23.56円
300kWh~ 28.76円 26.31円
口コミを確認する

●ENEOSでんきの口コミ・評判

口コミをもっと確認する

Looopでんきに並んで7,000円~14,000円の電気代の方におすすめなのがENEOSでんき

Looopでんきの「基本料金0円」ほどのインパクトはありませんが、従量料金(使った量に応じて払う料金)の単価が低く設定されているためかなりの安さを実現しているんです。

特にたくさん使った場合(月10,000円~)に安くなるのが特徴です。

また、電気代の支払いでTポイントやANAマイルを貯められたり、車を使う方はガソリン代の割引を選ぶこともできます。

ポイント特典がある電力会社は他にもありますが、しっかりと電気料金も安くなるところは実は少ないんです。

電気料金をしっかり節約して、さらに特典も受けたいという方にピッタリなのがENEOSでんきなんです。

以前は関東でしか利用できませんでしたが、今年の4月から関西でも利用できるようになりました。

さらに、WEB窓口申し込み限定で最大30,000円のキャッシュバックも実施しています。

いつ解約しても無料で解約できるので、気になる方はお早めの申し込みをおすすめします。

月12,000円~20,000円の人(多め)

●当てはまる人
⇒~5・6人家族
⇒エアコンなどを各部屋で使う家庭
⇒小さいお子さんが多い、ペットを飼っている家庭
⇒昼間家にいる時間が長い人

ミツウロコでんき

おすすめ理由 ・たくさん使うほどお得になる
・契約期間の縛りや解約金なし
・毎月10,000円を超える方にピッタリ
・電気トラブルを無料で対応してくれる
・2,000億円の安定企業
メリット ・使用量が多い人は圧倒的に安い
・提供エリアが広い
・いつでも無料で解約できる
デメリット ・セット割やポイントサービスはない
・使用量が少ないとほとんど安くならない
エリア
  • 北海道電力
  • 東北電力
  • 東京電力
  • 北陸電力
  • 中部電力
  • 関西電力
  • 中国電力
  • 四国電力
  • 九州電力
料金シミュレーション

●月に600kwh使用した場合

エリア従来の
電力会社
ミツウロコでんき
北海道エリア20,272円18,462円
(1,810円節約)
東北エリア16,910円16,045円
(865円節約)
関東エリア17,428円15,620円
(1808円節約)
中部エリア16,191円15,916円
(275円節約)
北陸エリア14,035円13,304円
(731円節約)
関西エリア15,616円14,487円
(1129円節約)
中国エリア16,038円14,754円
(1284円節約)
四国エリア16,338円15,408円
(930円節約)
九州エリア15,264円14,091円
(1173円節約)
ミツウロコでんきの電気料金

●ミツウロコでんきの電気料金(関東エリア)

東京電力 ミツウロコでんき
基本料金 30A 842.4円 842.4円
40A 1123.2円 1123.2円
50A 1404.0円 1404.0円
60A 1684.8円 1684.8円
従量料金 ~120kWh 19.52円 21.43円
120kWh~300kwh 26.00円 22.63円
300kWh~ 30.02円 25.24円

上記エリア以外の料金プラン

口コミを確認する

●ミツウロコでんきの口コミ・評判

電気代が12,000~20,000円になるような電気をたくさん使う方にはミツウロコでんきがおすすめです。

ちびまる子ちゃんのCMで耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか?

電気をまあり使わないと今までとほとんど変わらないですが、たくさん使う方にはかなりお得な料金設定になっています。

特に、電気を300kwh以上使った場合の従量料金(電気の使用量に応じて払う単価)は25.24円/kwhと、今回取り上げた電力会社の中でも最安です。

300kwh以上使うというと毎月の電気代が10,000円程度になるので、毎月10,000円を超えるような方はかなりの節約が期待できるということです。

ちなみに電気をあまり使わない方向けのプランもありますが、正直他の電力会社と比べると微妙なので、あくまでたくさん使う方向けと言えます。

(月によって10,000円を大きく下回ることが多いという方は、一つ上で紹介したLooopでんきやENEOSでんきを見てみてくださいね!)

電気の使用量をWEBで確認できたり、停電やコンセントの不具合などの電気トラブルを無料で対応してくれるなどのサービスがあるのも嬉しいポイントです。

ちなみに下記のWEB窓口から申し込めば、最大30,000円のキャッシュバックが受け取れます。

キャッシュバックは4月限定なので、申し込むならお早めをおすすめします。

月20,000円以上の人(かなり多め)

●当てはまる人
⇒5人以上の家族/二世帯同居
⇒エアコンなどを各部屋で使う家庭
⇒小さいお子さんが多い、ペットを飼っている家庭
⇒昼間家にいる時間が長い人
⇒一日中エアコンを稼働させている人

ピタでん

おすすめ理由 ・定額プランが格安
・毎月15,000円を超える方がお得になる
メリット ・電気をたくさん使う人ほどお得
・提供エリアが広い
デメリット ・電気を使わなくても定額を払う必要がある
・契約月以外の解約で2,160円がかかる
・地域によっては高くなることも
・過去に業務改善勧告を受けている
エリア
  • 北海道電力
  • 東北電力
  • 東京電力
  • 北陸電力
  • 中部電力
  • 関西電力
  • 中国電力
  • 四国電力
  • 九州電力
料金シミュレーション

●月に800kwh使用した場合

エリア従来の
電力会社
ピタでん
北海道エリア26,406円22,100円
(4,306円節約)
東北エリア22,660円21,100円
(1560円節約)
関東エリア23,433円20,100円
(3333円節約)
中部エリア21,785円19,100円
(2685円節約)
北陸エリア18,639円19,100円
(461円損)
関西エリア21,368円17,900円
(3468円節約)
中国エリア21,846円19,100円
(2746円節約)
四国エリア22,328円19,100円
(3228円節約)
九州エリア20,380円20,100円
(280円節約)
ピタでんの電気料金

●ピタでんの電気料金

エリア~500kwh
(定額料金)
500kwh~
(1kwhあたり)
北海道エリア14,000円27円
東北エリア13,000円27円
関東エリア12,000円27円
中部エリア11,000円27円
北陸エリア11,000円27円
関西エリア11,000円23円
中国エリア11,000円27円
四国エリア11,000円27円
九州エリア12,000円27円
口コミを確認する

●ピタでんの口コミ・評判

毎月20,000円を超えるような方にはピタでんがおすすめです。

ピタでんの料金体系は500kwhまで一律の基本料金と、500kwhを超えた分に支払う超過料金(従量料金)で成り立っています。

仮に300kwhしか使わなかった場合でも500kwh分の定額料金を支払わなければならないので、必ず500kwh以上使う方におすすめの電力会社です。

基本的にこの定額料金は他の電力会社と比べてもかなり安く設定されているんですが、エリアによってはほとんど安くならないところや逆に割高になるところもあるので注意が必要です。

特に北陸と九州エリアはもともとの電力会社の料金に対してピタでんの料金があまり安くなっていないので、シミュレーションのように場合によっては今までより高くなる可能性もあります。

上記のエリアの方は契約前に自分の電気使用量を確認しましょう。

また、ピタでんは顧客への対応の悪さから2018年に業務改善勧告を受けています。

電気代は確かに安くなる場合が多いのですが、会社の評判や対応が気がかりな方は上で紹介したミツウロコでんきも電気をたくさん使う人に向いているので、そちらも検討してみてください。

決められない場合は相談しよう

毎月の電気料金によっておすすめの5社を紹介しましたが、自分は今回の区分けにはあてはまらなかった!という方もいるかもしれません(すみません…)。

そうした方はぜひ、こちらの窓口から相談してみてください。

電気のプロがあなたにぴったりあった電力会社を探してくれます。

かくいう私も、今の電力会社に乗り換えるときはこちらの窓口のお世話になりましたw

私は電力自由化以降、電力会社を2回乗り換えているんですが、1回目は失敗、2回目はかなりの節約ができたと思っています。

プロの方に聞いて正解だったと思っているので、悩んでいる方はぜひ活用してみてくださいね。

無料の相談窓口

お悩みの方には、こちらの窓口からご相談がおススメです。

お見積りやシミュレーションを通して、無料であなたにあった電力会社を探してくれます。

電力会社には直接聞きにくいことや、契約の注意点なども親身になって教えてくれます。

もちろん契約しなくても大丈夫ですし、新電力のプロのアドバイスをもらえるのでエリアチェックから連絡してみましょう!

まとめ

いかがでしたか?

他にも紹介したい電力会社はありますが、長くなりすぎてしまうのでこの辺にしておきます。

自分の月々の電気代から電力会社を選ぶことで、本当に自分に合った電力会社を見つけることができるはずです。

電気の切り替えは相当コストカットできます!それだけは間違いないので、ぜひ面倒くさがらず実行しましょう。