ハローG電力って評判どうなの?口コミから見えたリアルな評価

ハローG電力

新電力の口コミ・評判, 一般家庭向け

電力に詳しくない方には知名度がほぼゼロの「ハローG電力」。かなりインパクトの強いサービス名ですが、電気料金などを調べてみると更にインパクトがありましたw

まず、この会社のイメージキャラクターが特徴あり過ぎて一度見たら忘れません。それがこちら…

ハローG出典:ハローG電力 公式HP

このキャラクターをはじめて見た時は「最近設立されたベンチャー企業かな?」と思いましたが、同社が創業したのはなんと1995年!そんな歴史のある企業とは思えない斬新さ。

また、これまで培ってきた「B to C」ビジネスをよく理解していらっしゃって、サービスも極限まで消費者を喜ばせる内容となってました。

もし、新電力への切り替えを検討しているなら、ほぼ全国展開しているハローG電力の存在は知っておくべきです。一般家庭で人気のある「Looopでんき」と同じぐらいの安さは見逃さない方がいいですよ。

業界最安!おすすめはあしたでんき

電気代を安くしたい方に一番おすすめなのがあしたでんきです。

あしたでんきが人気な理由
2019年申込件数No.1!
業界最安でとにかく安い電気料金
解約手数料無料!お試しで契約できる
東京電力の子会社なので安心!

面倒な手続きは一切ないので、初めての方でも簡単に切り替えができます!

お試し感覚で申し込んでそのまま満足して利用を続けている方が多いのも、あしたでんきのサービスが良いからでしょう。

乗り換えてみて、もし安くならなければ1か月で元の電力会社に戻すこともできます(もちろん無料です)。

さらに今なら、あしたでんきへの申し込みで2,000円分のAmazonギフト券がもらえます!

夏はエアコンの使用で電気代がかなり高くなる季節。

下記の公式サイトから申し込みができるので、早めの切り替えを強くおすすめします!

ハローG電力とは?

ハローG電力を運営するのは、中部地方と関東地方でLPガスや通信事業を手掛けている株式会社ハローGです。1995年に燃料販売事業を開始したことから「㈱シバザキ」に法人化し、2009年に「㈱ハローG」に社名変更。

現在は国内に7拠点、海外に1拠点の事業を置く規模に成長していき、日本だけでなくインドネシアでも代理店事業を展開しています。

運営会社の概要は以下の通りです。

HP ハローG公式HP
会社名 株式会社ハローG
所在地 静岡県焼津市石津中町17-12
設立 1955年5月
資本金 4,000万円
従業員数 80名
電話番号 054-623-8686

電力の供給元はF-Power

ハローG電力はF-Powerから調達出典:ハローG電力 公式HP

ハローGの企業規模はそこまで大きくないのに、なぜ後ほど説明する安い電気料金を設定できたのか?その答えは提携している企業にありました。

ハローG電力は自前で発電所を持っておらず、F-POWERが所有・契約している電力を契約者に送り届けています。F-POWERは大規模な発電所を保有しており、買うだけの新電力より優位な料金設定が可能なのです。

他にも「きらめきでんき」などF-POWERが供給元になっている新電力はありますが、安さはトップクラスと言っても過言ではありません。

ただ、F-POWERを信用できない方も多いはず。確かに切り替えて停電などが増えたら意味ないですからね…。しかし、そのような心配は不必要です!仮にトラブルが生じても、従来の大手電力が供給することになっているので、供給元については無視でも問題ありません。

ハローGのテレビCM

上記はハローG電力のテレビCMらしいです。多分、本社がある静岡県内で放送されているのでしょうが、詳細については分かりませんでしたw

ハローG電力の電力供給エリア

エリア
  • 北海道電力
  • 東北電力
  • 東京電力
  • 中部電力
  • 北陸電力
  • 関西電力
  • 中国電力
  • 四国電力
  • 九州電力

ハローG電力の電力供給エリアは、沖縄を除き全国を対象としています。これだけ幅広いエリアをカバーしていると対象外となる可能性は低いはずです!

ハローG電力の電気料金プラン

ハローG電力の料金プランを紹介します。

従来の電力会社が設定している料金と比較しておいたので、お住まいのエリアを参照してどの程度コストカットできそうなのか確認してみましょう!

北海道電力エリア

北海道電力エリア

 北海道電力エリア  従量電灯B ハローG電力 北海道電力
基本料金 30A 666円39銭 1,004円40銭
40A 888円52銭 1,339円20銭
50A 1,110円65銭 1,674円
60A 1,332円78銭 2,008円80銭
従量料金 ~120kWh 27円29銭 23円54銭
120kWh~ 29円72銭
300kWh~ 33円37銭
東北電力エリア

東北電力エリア

 従量電灯B ハローG電力 東北道電力
基本料金 30A 390円 972円
40A 520円 1,296円
50A 650円 1,620円円
60A 780円 1,944円円
従量料金 ~120kWh 23円43銭 18円24銭
120kWh~ 24円87銭
300kWh~ 28円75銭
東京電力エリア

東京電力エリア

 従量電灯B ハローG電力 東京電力
基本料金 30A 452円61銭 842円40銭
40A 603円48銭 1,123円20銭
50A 754円35銭 1,404円
60A 905円23銭 1,684円80銭
従量料金 ~120kWh 24円31銭 19円52銭
120kWh~ 26円
300kWh~ 30円02銭
中部電力エリア

中部電力エリア

 従量電灯B ハローG電力 中部電力
基本料金 30A 400円38銭 842円40銭
40A 533円84銭 1,123円20銭
50A 667円30銭 1,404円
60A 800円76銭 1,684円80銭
従量料金 ~120kWh 23円59銭 20円68銭
120kWh~ 25円08銭
300kWh~ 27円97銭
北陸電力エリア

北陸電力エリア

 従量電灯B ハローG電力 北陸電力
基本料金 30A 448円83銭 712円80銭
40A 598円44銭 950円40銭
50A 748円05銭 1,188円
60A 897円66銭 1,425円60銭
従量料金 ~120kWh 19円18銭 17円52銭
120kWh~ 21円33銭
300kWh~ 23円02円
関西電力エリア

関西電力エリア

 従量電灯B ハローG電力 関西電力
基本料金 66円12銭/kVA 388円80銭/kVA
従量料金 ~120kWh 24円74銭 17円40銭
120kWh~ 21円68銭
300kWh~ 24円95銭
中国電力エリア

中国電力エリア

 従量電灯B ハローG電力 中国電力
基本料金 38円51銭/kVA 399円60銭/kVA
従量料金 ~120kWh 23円13銭 17円76銭
120kWh~ 23円74円
300kWh~ 25円58銭
四国電力エリア

四国電力エリア

 従量電灯B ハローG電力 四国電力
基本料金 70円59銭/kVA 367円20銭/kVA
従量料金 ~120kWh 22円75銭 16円66銭
120kWh~ 22円09銭
300kWh~ 24円96銭
九州電力エリア

九州電力エリア

 従量電灯B ハローG電力 九州電力
基本料金 30A 472円68銭 874円80銭
40A 630円24銭 1,166円40銭
50A 787円80銭 1,458円
60A 945円36銭 1,749円60銭
従量料金 ~120kWh 20円65銭 17円19銭
120kWh~ 22円69銭
300kWh~ 25円63銭

ハローG電力のメリット

ハローG電力に切り替えることで以下のようなメリットが味わえるはずです!

多くのエリアで最低水準の料金

ハローG電力のメリットといえば電気料金の安さです。

特に電気を沢山使う世帯だと大幅なコストカットが期待でき、4人家族以上であれば10%ほどの削減率が可能となっています。基本料金・従量料金ともに最低水準の設定だと思います。

従量料金がどの段階も一律

従来の電力会社の場合、電気の使用量に応じて単価が変動する仕組みとなっていますが、ハローG電力では”従量料金が一律”で分かりやすい料金プランです。

但し、あまり電気を使わない世帯だと高くなってしまうので、現在の使用状況を必ず確認するように!

中部地方、特に静岡県民にはおすすめ

ハローG電力を運営する株式会社ハローGは、静岡県のエネルギー企業です。通信事業や太陽光発電設備の事業も行っており、不動産や住宅関連事業にも進出しています。

その為、静岡県やその周辺にお住いの方がハローG電力に切り替えれば、株式会社ハローGのそのほかのサービスも受けやすくなります。また、今はなくてもガスなどとのセット割で更に安くなる可能性も考えられます。

やはり「身近な地元企業」は何かと安心です。

ハローG電力のデメリット

一見するとスキがないハローG電力。しかし、デメリットのない新電力なんてひとつもないですから…

関西電力エリアは他の新電力が良いかも

上記に紹介した「関西電力エリアの料金比較」をご覧になると分かりますが、ハローG電力は関西電力エリアを苦手な地域をしているようです。お得な料金は基本料金のみで、従量料金は全ての段階において関西電力に負けています。

新電力の切り替えを全国共通で考えている人がたまにいますが、その地域を管轄していた電力会社ごとに料金・条件は全く違います。

ハローG電力のように特定のエリアのみ弱い新電力も多いので、その辺の認識だけはしておくように!

一人暮らしや電気を使わない方には不向き

電気の請求は、大まかに分けて2つの項目に分かれています。

POINT

  • 基本料金
  • 従量料金

ハローG電力の場合、基本料金はどのエリアでも大手電力会社より安いですが、従量料金に関しては後伸びタイプとなっています。要するに、あまり使わない世帯には厳しく、沢山使ってくる世帯には優しい料金設定です。

したがって、一人暮らしなど電力使用量がそこまで多くない方にはメリットが少なく、切り替え前より高くなってしまうリスクもある訳です。

単身世帯なら「HTBエナジー」や「Looopでんき」の方が間違いなくお得ですよ。

1年以内の解約で2,000円の違約金

「これだけ安いから2,000円ぐらいは仕方ないかぁ」とも感じましたが、数百円のコスト削減となる世帯もある中、違約金の設定をしていることはやはりデメリットとなる恐れが大です。

この違約金によって試しに切り替えてみよう!という方は間違いなくいるはず。だったら違約金なしにして集客に力を入れた方が良い気がするけどな…(希望)

ハローG電力の口コミ・評判

これまで調査してきた新電力の中でも、安さだけなら上位に位置づけるハローG電力。しかし、これだけ頑張っているのに、ネットに投稿されている口コミはほぼない状態でした。

なぜだ?いくら知名度がないとはいえ、これほど情報が拡散されていないサービスは見たことない…。

ハローGのガスなどを契約している方ならまだしも、はじめて契約する方にはちょっと心配になりますよね。運営スタッフによる情報すらない新電力ははじめてかも。

≫他の新電力の評判はこちら

まとめ

ハローG電力についていろいろとお伝えしましたが、お住まいのエリアによってはおすすめしたい新電力だと感じました。

ただ、同レベルの新電力は沢山あって「違約金のことなどを考慮すると第一候補にはできない」というのが私が出した結論です。それに、ネット回線や太陽光など幅広い事業展開をしているため、電気の契約をすると他のサービスを営業されそう?なところもマイナスに感じたポイントです。

とはいえ、関西電力エリア以外なら今より安くなるのは間違いなさそうなので、切り替えをする際には候補に入れる価値はあると思います。

業界最安!おすすめはあしたでんき

電気代を安くしたい方に一番おすすめなのがあしたでんきです。

あしたでんきが人気な理由
2019年申込件数No.1!
業界最安でとにかく安い電気料金
解約手数料無料!お試しで契約できる
東京電力の子会社なので安心!

面倒な手続きは一切ないので、初めての方でも簡単に切り替えができます!

お試し感覚で申し込んでそのまま満足して利用を続けている方が多いのも、あしたでんきのサービスが良いからでしょう。

乗り換えてみて、もし安くならなければ1か月で元の電力会社に戻すこともできます(もちろん無料です)。

さらに今なら、あしたでんきへの申し込みで2,000円分のAmazonギフト券がもらえます!

夏はエアコンの使用で電気代がかなり高くなる季節。

下記の公式サイトから申し込みができるので、早めの切り替えを強くおすすめします!