eo電気の評判ってどう?関西電力エリアで選ぶメリットは?

eo電気の評判ってどう?関西電力エリアで選ぶメリットは?

新電力の口コミ・評判, 一般家庭向け

関西に住んでいる方にゆかりの深い新電力「eo電気」を紹介します。まず感じたのは、さすが関西といった印象です。eo電気のホームページを開くと「おトク」「おトク」「おトク」のオンパレード。トップページだけで「おトク」の文字が20個以上並んでいましたw

地元の大手電力会社「関西電力」より安いとうたっており、挑戦的なキャッチコピーでライバル視しているのがひしひしと伝わってきます。

とりあえず以下のキーワードにビビっと来たら読み進めてください。

POINT

  • eo光
  • eoスマートリンク
  • 関西電力
  • 阪神タイガース

興味をそそられなかった方は、当サイトがおすすめする他の新電力情報をご覧ください!

5月限定!最大30,000円のキャッシュバック!

下記窓口から電気の切り替えを申し込むと、5月限定で最大30,000円のキャッシュバックがもらえます!

電力会社の乗り換えでキャッシュバックがもらえることはめったにありません。

この窓口は、これまで調べてきた中で一番キャッシュバック額が良いです!

普通に乗り換えるよりも確実にお得なので、このチャンスを逃さないようにしましょう!

※電気使用量が増える夏前までに切り替えを終わらせましょう!

電気の乗り換えは申し込みから1~2か月かかります。

下記窓口は人気なので、切り替えが込み合う可能性があります。

検討中の方は5月中お早めの申し込みをおすすめします。


上記窓口から『エリアチェック』に入力することで申し込みできます

eo電気とは?

eo電気を運営するのは大阪市中央区に本社を置く株式会社ケイ・オプティコムという電気通信の会社です。インターネット通信回線事業をやっていた会社が、事業の多角化で新電力で乗り出しました。

試合観戦や応援グッズが当たるキャンペーン

eo電気 試合観戦や応援グッズが当たるキャンペーン出典:eo電気 公式HP

eo電気のホームページは、ド派手な演出が目を引きます。

「eo電気×阪神タイガース 2018応援プラン」という文字とともに、おなじみの黄色と黒が画面を彩ります。タイガースの試合の観戦券やタイガースグッズがもらえるキャンペーンを実施しています(2018年3月現在)。

しかし、電気といえば超重要な生活インフラです。このようなノリで大丈夫なのか…ちょっと不安に感じる方もいるはずw

関西電力が100%出資?「親」とケンカするの?

もちろんeo電気は派手なパフォーマンスだけではありません。

資本金330億円、従業員数約1,400人、年商1,931億円(2017年3月期)と、エネルギーインフラの会社としての規模は申し分ありません。

ただ1つ気になることがあります。それは株式会社ケイ・オプティコムが関西電力の100%出資子会社であることです。つまりeo電気にとって関西電力は親会社です。

おかしくないですか?だってホームページで「関西電力よりお安いでっせ」とPRしているのです。親会社にケンカを売っているようにも感じますが、その意図についてはeo電気によって公表されていました。

グループで顧客を囲い込む戦略

関西電力は2016年に、新電力のeo電気について公表しました。経済系のマスコミは「グループ内で顧客の争奪戦になるのではないか」と騒ぎ始めました。ところが、関西電力とケイ・オプティコムの答えは明瞭です。

顧客が関西電力グループにとどまってくれればよい」と言ったのです。

なるほど。他社の新電力に顧客を奪われるくらいなら、自前で新電力をつくってしまおう、ということなのです。

供給エリアは関西電力と同じ

供給エリアは関西電力と同じ

eo電気の供給エリアは関西電力と同じです。

エリア
  • 大阪府
  • 京都府
  • 滋賀県
  • 兵庫県
  • 奈良県
  • 和歌山県
  • 福井県
  • 三重県
  • 岐阜県

(一部市町村は含まれません)

eo電気の料金プラン

eo電気の料金プラン

eo電気の料金プランはかなりおトクです。

電気使用量が毎月300kWh以下の「電気をあまり使わない家庭」ですと、電気代は関西電力(従量電灯A)より5%おトクです。eo電気の試算では年4,200円安くなります。

電気使用量が毎月600kWh以下の「電気を多く使う家庭」の場合、電気代は関西電力(従量電灯A)より6.6%下がり、年12,600円安くなります。

関西電力との比較

eo電気と関西電力の料金を比較してみましょう。

eo電気 関西電力
基本料金 1契約 1,188円 327.65円
(15kWhまでの最低料金)
従量料金 ~120kWh 17.83円 19.76円
120kWh~ 19.06円 26.19円
300kWh~ 28.44円 29.94円

基本料金(最低料金)こそ関西電力のほうが安いのですが、120kWhまでの料金になると急にeo電気が力を発揮し、なんと2円以上安いのです。300kWhまでだと約7円も違います。

eo電気のメリット

関西電力を使っている人がeo電気に切り替えるメリットは、電気料金の他に阪神タイガースに関係するものもあります。阪神ファンじゃない人は飛ばしてお読みくださいw

タイガース応援プラン8大特典

タイガース応援プラン8大特典

一つずつ説明するのは面倒なので、詳細が気になる方は「こちら」をご覧ください。(対象期間:2018年10月31日まで)

  • 阪神戦に1組4名さま招待
  • eo電気ナイター(7月16日)に招待
  • 阪神タイガースグッズの抽選
  • クリアファイルプレゼント
  • 甲子園で使える商品券などプレゼント
  • 日本一で記念小判を5名にプレゼント
  • リーグ優勝で100名に1ヵ月分の電気代実質無料
  • 公式戦終了後、グッズプレゼント

すごく沢山あるように見えますが、”漏れなく”もらえるのは「クリアファイル・球場で使える商品券(500円分)」だけですね…。過度な期待は禁物かもしれませんw

光回線と合わせるとパワーアップ

eo電気 光回線と合わせるとパワーアップ

eo電気を運営しているケイ・オプティコムの「本業」は光回線を売る通信業です。よって、ケイ・オプティコムとしては光回線もたくさん売りたいわけです。

そこで「eo電気とeo光ネットを同時に利用すると5%安くなる」というプランを打ち出しています。eo電気だけの加入ですと2%しか安くならないので、自宅でインターネットを頻繁に使う方にはいいかもしれません。

ガスとのコラボもある

eo電気は大阪ガスともコラボしています。eo電気と大阪ガスを同時に使うと、ガス代が10%も安くなるのです。

ガスをひと月31立方メートル使っている家庭ですと、大阪ガスの一般料金は年間76,128円ですが、「eo電気+大阪ガス」を組み合わせるとガス代は年間67,944円になります。年間8,100円も安くなるのです。

10%はかなりインパクトがあります。つくづく大阪商品は商売が上手ですね。

eo電気のデメリット

JCOM電力のデメリット

関西最強の雰囲気すら漂うeo電気ですが、3つのデメリットがあるのだけは絶対に覚えておきましょう。

関西だけのサービス

関西以外にも寅ファンはたくさんいると思いますが、eo電気に加入して阪神タイガースグッズをもらえるのは関西電力エリア内の人たちだけです。

eo電気は関西に住んでいる人しか加入できないのです。

仕組みが複雑

eo電気の電気と関西電力の電気は同じです。関西電力からeo電気に乗り換えても、届く電気は関西電力がつくったものです。

消費者としては「同じ電気を供給するなら、乗り換えなんて面倒なことをさせないで、関西電力本体が電気料金を安くしてくれればいいのに」と感じます。

もちろん

関西電力とeo電気に分けることでコストダウンができ、それを値下げという形で消費者に還元している

ということは理解できます。

それでもなお「乗り換えなければならない」「新たに手続きをし直さなければならない」のは面倒です。両社は親子関係なので、顧客がなんの手続きをしなくても安い電気を供給してくれればいいのに、と思ってしまいます。

光回線とセットじゃないとメリット半減

ある人にとってのメリットが、別の人のデメリットになることは人の世の常といえるでしょう。

eo電気の割引率は光ネットに入ると大きくなります。ということは、ネットを使わない家庭にとっては、値下げの恩恵が小さいということです。

大手電力会社の子会社がこれだけ大々的に宣伝しているので、違法な抱き合わせ商法には該当しないと思いますが、でもなんだか釈然としません。eo電気を使っている限り、このもやもや感は残りそうです。

eo電気の口コミ・評判

eo電気のPR戦略が成功したのか、そもそも関西のノリなのかはわかりませんが、ツイッターには多くのeo電気に関する話題が掲載されています。

つぶやきからeo電気の評判を分析していきましょう。

口コミが少なくあまり盛り上がっていない?

ネットではもう少し盛り上がっているイメージでしたが、eo電気の利用者投稿はほぼ見られず、阪神タイガースの話題の方が多い感じでした。

企業の姿勢、料金プランの分かりにくさ

最初の方は、eo電気による勧誘に迷惑を感じているそうです。通信会社のサービスでは度々同じようなクレームがあるので、真面な営業手法を徹底してほしいものです。

2番目の方は、エネルギーの選択肢が多くなったことで困惑しています。特に、eo電気のようなセット割でメリットを出す新電力だと、いろいろな契約が織り交ざってしまい、面倒に感じてしまうのは避けられません。

消費者が求めているものは”安さだけではない”ということでしょう。

次の方は、eo電気と関西電力の親子関係について疑問を持っています。

皮肉たっぷりの言葉ですが、やはり消費者は「関西電力」から「関西電力の100%子会社のeo電気」に乗り換えることに違和感を覚えているようにも思えます。

いっその事、まとまっちゃえばいいのに…

まとめ

eo電気は良くも悪くも関西マインド満載の新電力です。安さも明確に打ち出していますし、「光回線使ってや」「大阪ガスもよろしく頼んまっせ」と商魂もたくましいです。消費者は安さの理由がわかると安心します。このノリについていければ快適でしょう。

しかし、阪神タイガースファンでない関西人もいそうですが、そこらへんは大丈夫なのでしょうか。また、やや押しが強すぎる印象もあります。それはツイッターの声にも表れていて、消費者を困惑させています。

eo光の利用者ならまだしも、それ以外の方は他の新電力も比較してから申込みするように。

5月限定!最大30,000円のキャッシュバック!

下記窓口から電気の切り替えを申し込むと、5月限定で最大30,000円のキャッシュバックがもらえます!

電力会社の乗り換えでキャッシュバックがもらえることはめったにありません。

この窓口は、これまで調べてきた中で一番キャッシュバック額が良いです!

普通に乗り換えるよりも確実にお得なので、このチャンスを逃さないようにしましょう!

※電気使用量が増える夏前までに切り替えを終わらせましょう!

電気の乗り換えは申し込みから1~2か月かかります。

下記窓口は人気なので、切り替えが込み合う可能性があります。

検討中の方は5月中お早めの申し込みをおすすめします。


上記窓口から『エリアチェック』に入力することで申し込みできます