飲食店オーナー必見!光熱費を節約する5つのテクニック

飲食店オーナー必見!光熱費を節約する5つのテクニック

店舗・事務所, 電気代の節約

10年で9割が廃業すると言われる飲食店業界。お店が生き残っていくためには、どの程度の利益を出し続ければ良いかご存じですか?

安定した経営を行うためには、売上から費用を差し引いて、1店舗あたり10〜15%の営業利益を出すことが望ましいと言われています。

営業利益を出すための近道は、コストを削減すること。今日は飲食店経営者の方向けに、コストを削減するための節約テクニックをご紹介します。

業界最安!おすすめはあしたでんき

電気代を安くしたい方に一番おすすめなのがあしたでんきです。

あしたでんきが人気な理由
2019年申込件数No.1!
業界最安でとにかく安い電気料金
解約手数料無料!お試しで契約できる
東京電力の子会社なので安心!

面倒な手続きは一切ないので、初めての方でも簡単に切り替えができます!

お試し感覚で申し込んでそのまま満足して利用を続けている方が多いのも、あしたでんきのサービスが良いからでしょう。

乗り換えてみて、もし安くならなければ1か月で元の電力会社に戻すこともできます(もちろん無料です)。

さらに今なら、あしたでんきへの申し込みで2,000円分のAmazonギフト券がもらえます!

夏はエアコンの使用で電気代がかなり高くなる季節。

下記の公式サイトから申し込みができるので、早めの切り替えを強くおすすめします!

飲食店にかかる各種コストとその割合

飲食店にかかる各種コストとその割合

コスト削減と一口に言っても、飲食店を経営するにあたっては、原材料費や人件費、家賃、光熱費など、様々な費用が発生します。

コストの中でも、その大部分を占めるのは原材料費と人件費。原材料費は30%以下、人件費は40%以下に収める、というのが飲食店経営のセオリーです。

しかし、賃金の引き上げや食材・輸送コストの高騰によって、原材料費も人件費も今は上昇傾向。現状維持が精一杯で、削減まではとても追いつかないというのが、飲食店オーナーの本音ではないでしょうか?

また、原材料費や人件費を削り過ぎれば、料理やサービスの質低下、ひいてはお店のブランドの低下を招くリスクもあり、非常に悩ましいところです。

水道光熱費を削減すれば利益アップ!

そんな飲食店オーナーのみなさんに、ぜひ注目していただきたいのが水道光熱費

毎月なんとなく一定の金額が引かれていく気がして、固定費と思われている人も多いかもしれませんが、実は水道光熱費は毎月変わる変動費。努力と工夫で抑えることができるんです。

水道光熱費の節約なんて、家計の話だけじゃないの?なんて思ったら大間違い。飲食店には飲食店ならではの節約方法があります。

水道光熱費にかけても良い金額は?

水道光熱費の売上に占める割合は、7%以下に抑えるべきと言われています。節約意識の高い店舗では、5〜7%程度に収まることが多いようです。

水道光熱費の中では、電気代の割合が過半数を占めます。もちろん、ラーメン店やうどん屋など、麺を茹でる際に水を使用するため、水道費が特に高い業態もあります。一方で電気代は、業態問わず照明やエアコン代、冷蔵庫・冷凍庫などで消費されるため、削減しがいがあります。

飲食店で電気代を節約するコツ

飲食店で電気代を節約するコツは大きく分けて以下の5つです。

  1. 月々の電気料金の「見える化」
  2. 運用の見直し
  3. 設備のメンテナンス
  4. 省エネ設備への切り替え
  5. 電気会社の見直し

それでは、これらのポイントについて1つずつ見ていきましょう。

1.電気料金の「見える化」

皆さんは、自分の店舗における電気代の季節毎の平均を把握していますか?夏期と冬期は空調使用量が増えることから、電気代金も高くなりがちです。また、厨房機器、照明、空調など、特にどのポイントで多く電気代をかけているのか内訳も分かると、節約できるポイントが分かりやすくなります。

電気料金を「見える化」した後は、毎月の目標を貼り出すなどして、スタッフ全員で意識できるようにすると良いでしょう。

2.運用の見直し

使用頻度の少ないバックヤードなど、人がいないにも関わらず電気が点灯したままになっていませんか?シフトが終わった従業員が、長く休憩所でお喋りしていませんか?その間にも空調や照明は作動し続け、電気を消費しています。

その他にも冷凍庫・冷蔵庫が整理されていないと取り出しに時間がかかり、電気代の浪費に繋がります。十分に粗熱をとっていない料理を冷蔵庫に入れれば負荷がかかる上、衛生上も良くありません。

このように、細かいことが積み重なって必要以上に電気を使っていることがあります。従業員の指導を徹底し、電気の利用ルールを見直すことで、大きく節約することができます。

3.設備のメンテナンス

空調や冷蔵庫のフィルターは、使用していると埃などで目詰まりを起こし、熱効率が下がことから、定期的に清掃することが重要です。

例えば空調は、1年間フィルターを清掃しないと電気代が10%上昇します。フィルターに加え、冷蔵庫や冷凍庫の扉のパッキン部分にも、損傷が無いか確認すると良いでしょう。パッキンに1cmの割れがあるだけで、冷蔵庫は17%、冷凍庫は27%消費電力が上がるというデータもあります。

フィルター清掃は標準的な店舗であれば2週間に一度、揚げ物や焼肉など油を多く使う店舗であれば最低でも1週間に一度は行うのがベストです。

4.省エネ設備への切り替え

冷蔵庫や空調など、近年は省エネ製品も増えています。導入コストはかかりますが、長い目で見ればお得になることも。

手近なところから始めてみるならLED電球や、トイレなど電気の点灯・消灯の多い場所に、暗さや人の動きを感知して点灯する人感センサー付き電球を取り入れてはどうでしょうか。

LEDと一般の電球を比較してみると、電気代は1日8円安くなり、年間3,000円ほどの違いが出ます。電球一つで年間3,000円変わるなら、5個変えれば1万5,000円。LEDは最初のコストはかかりますが、電球交換も数年にわたり不要になることから、従業員の手間を減らし、人件費の圧縮にもつながります。

5.電力会社の見直し

上でご紹介したポイントに加えてぜひ検討したいのは、電力会社とプランの見直し。家庭以上に電気を使用する飲食店は、1kWhにかかる金額が例えわずかな差だったとしても、スケールメリットが働き、割引になる金額が大きくなります。

ガスとのセット割がある会社もありますし、バーなど夜間や深夜の営業時間が長い業態であれば、夜間がお得になるプランを検討しても良いでしょう。太陽光などの再生可能エネルギーを使って発電することで、電気代を低く抑えて提供している企業などもあります。

当サイトではオススメの電力会社について比較検証していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

まとめ

今日は飲食店オーナーの方々に向けて、光熱費の中でも大部分を占める、電気代を節約する方法を紹介していきました。

電力会社や電気の使い方、設備を見直すことで、年間10万円近い差が出ることも。10万円営業利益を増やすために、どれほど売上を増やさなければいけないかを考えれば、今すぐ見直しを始めた方がお得ですね。

電気代を節約するための具体的なアクションとして紹介したテクニックには、従業員の業務効率化や店舗のクリンリネスを高める効果もあります。ぜひ、活用してみてください。

業界最安!おすすめはあしたでんき

電気代を安くしたい方に一番おすすめなのがあしたでんきです。

あしたでんきが人気な理由
2019年申込件数No.1!
業界最安でとにかく安い電気料金
解約手数料無料!お試しで契約できる
東京電力の子会社なので安心!

面倒な手続きは一切ないので、初めての方でも簡単に切り替えができます!

お試し感覚で申し込んでそのまま満足して利用を続けている方が多いのも、あしたでんきのサービスが良いからでしょう。

乗り換えてみて、もし安くならなければ1か月で元の電力会社に戻すこともできます(もちろん無料です)。

さらに今なら、あしたでんきへの申し込みで2,000円分のAmazonギフト券がもらえます!

夏はエアコンの使用で電気代がかなり高くなる季節。

下記の公式サイトから申し込みができるので、早めの切り替えを強くおすすめします!